2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
史上最大の作戦
2013/11/01(Fri)
20120227_623395.jpg
史上最大の作戦

原子力規制委員会は30日、
福島第1原発4号機の使用済み燃料プールから「燃料棒」を取り出す実施計画を認可した。
水素爆発で破壊された建屋から、使用済み燃料1331体、未使用燃料202体の
計1533体もの燃料を取り出す作業は人類史上初だ。

計画によると、4号機建屋の上部に設置したクレーンなどを使い、
地上30メートルの高さにあるプール内の燃料棒を1本ずつ輸送容器(キャスク)に移動。
次にキャスクを吊り上げて地上のトレーラーに載せ、敷地内の共用プールに運ぶ。
作業は11月8日にも始まる予定だ。

「原発で使用済み燃料を取り出す場合、通常は位置や状態が
あらかじめコンピューターに入力されているため、スムーズに作業できます。
しかし、福島原発は違う。
燃料プール内にはコンクリート片や金属片など500個余りのガレキが沈んでいる上、
燃料棒が破壊されている可能性もあるため作業員が目視で作業を進めることになります」(経済ジャーナリスト)

作業員はプールに沈んでいる大量のガレキを避けながら、
長さ約5メートル、重さ約300キロの燃料棒を1本ずつキャスクに移動する。
それを1年かけて、1500回以上も繰り返すのだ。
これだけでも相当、至難のワザだ。
さらに複数の燃料棒が入ったキャスクの重量はざっと100トンにもなる。

地上に運ぶ際、何らかのトラブルでキャスクが傷付いたり、
落下したりして燃料棒が空気に触れれば、たちまち即死レベルの放射性物質が放出される。
仮に1500本を超える燃料棒がムキ出しになれば、
放出される放射性物質の量はチェルノブイリ事故の10倍。
東日本に人が住めなくなるのは間違いない。
失敗が許されない命懸けの「UFOキャッチャー」作戦だ。


http://gendai.net/articles/view/newsx/145587


いよいよ福島原発4号機からの燃料棒の取り出しが始まります。

福島どころか、東日本存亡を賭けた一大事ですが、

緘口令が敷かれてるのかマスコミ各社はダンマリを決め込んでいます。

まあ、事が事だけにそりゃそうだろう。。。

とにかく、うまくいくことを祈ります。




たまに応援クリックお願いします(^^;)

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
この記事のURL | 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |