2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
すき家の春の閉店祭り
2014/03/21(Fri)
すき家の春の閉店祭り

06fb04f3-s.jpg

牛丼チェーン大手「すき家」の店舗が次々と閉店している、などとネットで騒ぎになっている。ツイッターや掲示板には閉店情報と閉店した店舗の写真がアップされていて、店の入り口には「従業員不足に伴い、一時的に閉店させていただきます」などといった張り紙が出ている。

どうやら従業員が2014年2月下旬以降に大量に辞めたことが原因のようで、掲示板 「2ちゃんねる」のすき家クルー(従業員)専用スレには従業員と思われる人たちの 「みんな辞めるなら俺も辞めたい」「まじで同時退職しようぜ」といった呼びかけが 出ていた。

■「人員不足のため、店舗を一時閉店させていただきます」
「すき家の春の閉店祭り始まったぞw」「閉店理由がシュール」などとネットが騒がしく
なったのは14年3月中旬から。ツイッターや掲示板で閉店店舗の写真が次々にアップされ
ていった。この閉店はゼンショーの業績悪化のためとか不採算店舗、ということではない
らしい。入口の張り紙には「機器のメンテナンスのため」「リニューアルのため」などと
書かれていて「一時的な閉店」を強調している。特に目立っていたのが「従業員不足」と
いう張り紙だった。

実は、14年2月下旬からネットの掲示板などに「忙しすぎてやってられない」「もう辞め
たい」などといった従業員と思われる人たちの書き込みが増えていった。その理由は14年
2月14日から始めた「牛すき鍋定食」といった鍋メニューの販売で、このメニューを提供
するのに時間と手間がかかりすぎる、というもの。ただでさえ他の牛丼チェーンに比べ
メニューの多い「すき家」だから、厨房が回らなくなっているというものだ。


http://www.j-cast.com/2014/03/20199811.html?p=all

掲示板「2ちゃんねる」には従業員専用のスレが立っていて、一人でオペレーションする
店が多すぎる、とか、深夜帯は仕事が多すぎて処理できないことがある、人手不足が深刻で
当日欠勤はまず不可能、強盗が一番入りやすい店、などの問題点が書き込まれている。
そうした厳しい環境なのに手間のかかる鍋メニューが加わったとして、経営者や商品開発
担当に対する批判が噴出した。


http://www.j-cast.com/2014/03/20199811.html?p=all

牛丼チェーン大手の「すき家」において、パート従業員が“飛んで”閉店に追い込まれてる話題ですが、

なんか起こるべくして起こった感がありますね。

なんでも、牛すき鍋などの鍋物メニューの登場で店内オペが大変になって、

最小人員で切り盛りしてたのがついにパンクしたようです。

私も牛丼が好きで、たまに食べますが、ワンオペしてる時間帯だと従業員が気の毒でしょうがないです。

注文とる→調理する→運ぶ→お会計→後片付け・・・・こんなんを延々一人でこなすわけですから、

ちょっとまとまった数のお客さんが来たら大変だ。

いくら人件費削減とはいえやりすぎ。

結局、牛丼をあれほどの安値で提供できる裏側には、人件費の極限カットというカラクリがあって、

従業員の苛烈労働の犠牲があって成り立つんですね。

飲食業のような労働集約型のビジネスは、売上に比例して人件費が増えるのが当たり前で、

そこを切り詰めたら利益は確実に上がりますが、いくらなんでも限界がある。

「すき家」は深夜の時間帯のワンオペは当たり前で、すっかり“強盗の聖地”となりましたが、

これだって根底には利益至上主義がある。

つまり、強盗に合う確率と想定被害額を算出して、深夜に2人配置した場合の経費と天秤にかけるわけですね。

で、「すき家」は強盗を選んだわけだww

再三にわたる警察の指導もなんのその、従業員の安全なんてクソ喰らえですw

けれど、もう、強盗もいつものように「すき家」の押し入れないですね。

包丁握り締めて意気揚々と押し入ろうとしたら、こんな張り紙じゃ、強盗も食えませんてw
8738f707.jpg

3年半前に書いた関連記事もご覧ください↓
牛丼戦争~死屍累々の低賃金労働者の上の蜃気楼~



人気ブログランキングへ









スポンサーサイト
この記事のURL | 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |