2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
専業トレーダーのFXデイトレ、シストレ 11/11日の結果
2015/11/12(Thu)
専業トレーダーのFXデイトレ、シストレ 11/11日の結果

デイトレード  +130000円

デイトレード今月合計 +1670000円

有史以来、常に人はダマし、そしてダマされてきました。詐欺の手口は時代の変化とともに進化しています。まだ対面方式が圧倒的に多かった詐欺の手口は、通信技術が進化するたびに新手が出現。新サービスの影には詐欺師が潜んでいることを忘れてはいけません。

かつての詐欺の手口は対面方式が圧倒的に多かったもの。「寸借詐欺」「籠抜け詐欺」など、詐欺師は被害者に自身の顔を晒して、すっかり信用させたのちに金をまんまと奪っています。「まさかダマすはずがない」という被害者の思い込みを逆手に取り、詐欺師は悪事を繰り返してきたのです。

時代は流れて郵便事業が始まれば、さっそく詐欺師たちは新たな詐欺の手口として利用するようになります。その1つが新聞の三行広告欄を使った詐欺でした。

「金銀財宝の在処を教えるからすぐに代金を送れ」などといった文言を掲載し、興味を持った読者が代金を送ってくると1枚の紙を送り返したのです。今か今かと返信を待ちわびた人がワクワクしながら、その紙を広げると、それは東京の地図で日本銀行に赤丸が付けられていました。


http://radiolife.com/security/5378/

昔は、少年漫画誌やエロ本の裏表紙にはインチキ商品の通販があふれていて、
異性にもてる香水やら、背がのびるクスリやら、お金が増える財布とかなんでもありました。
「1000円分の切手送ってくれたら、私の一番恥ずかしいとこの写真送ります(><)」
→のどちんこのどアップ写真ww
「熱く肉体を密着させ、汗を飛び散らせている生写真を10枚1,000円で(><)」
→相撲取りの写真ww
エロ本の裏表紙やスポーツ新聞だとこんな三行広告がけっこうあった。
味わい深いですね。昭和時代w
あの当時はヘアヌードも解禁されてない時代で、紙媒体も強かった時代だったので、
こんなのエロネタでもけっこう儲かったようです。
私が以前にイベント会社経営してたころ、
つきあいのあった大手広告代理店の営業マンから聞いた話ですが、
この手のインチキ商材で一番儲かるのは、ハゲ薬や女性向け痩身グッズやサプリ、
白ヘビ財布とか異性にモテるブレスレッドなんかの開運・占いグッズとかみたいです。
スポーツ新聞や全国版の女性誌とかにドカンと広告打っても、余裕でペイできるそうですね。
もともと原価がタダ同然の石ころとかガラスとか革製品とかを高値で売りつけるから、
売れたら丸儲けですw
痩せるサプリなんて中身はラムネとかだろうw
常識的に考えて、そんな胡散臭い商材は売れるわけないと私なんか思っていたけど、
営業マンの話だと、これがけっこう売れるそうだから世の中わかりませんね。
情弱相手の詐欺商法は昔も今も手変え品変え続いてる。
占いグッズにはまる女性客リストは詐欺師の間では珍重されていて、
ある程度の貯金があると見たら、浄化セミナーやら魔よけ壷とか単価の高い商品を売りつけてきます。
たしかに、占いの館とか経営してるオッサン、オバハンとかヤバいのがけっこういますね。
風体からして胡散臭くて、まがまがしいオーラが出まくってるw
やっぱ、人間は見た目大事です。
1回1000円の占いは撒きエサで、喰えるターゲットがノコノコ現れたら、あの手この手でインチキ商品売りつけてきます。
最近多い投資マンションの恋愛商法ともつながってるケース多いですよ。

2015474187968825.jpg



人気ブログランキングへ


私は日経225先物とCFDもやってます。ブログです↓
日経225先物ブログ


FXの情報収集なら・・・・

エントリー&利食い・損きりを完全セットした毎朝の配信メールに従うだけで誰でも勝てます
3年で資金が10倍に!FXシステム配信

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



FXに関する情報収集なら下記リンクがおススメです(^^)

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村banner2.gif

bnr02.gif

日経225先物ブログはこちら







スポンサーサイト
この記事のURL | FX デイトレード・システムトレードの結果 | ▲ top
| メイン |